福島大学人間発達文化学類 同窓吾峰会

各支部だより

古川支部

主な活動など

 本支部の位置するところは、宮城県北部大崎平野で、日本一美味しい米、有名な「ささにしき」の産地である大崎地方にあります。
 この地方には、大崎市、涌谷町、美里町、加美町、色麻町の一市四町があります。
 特に、大崎市古川の北西部にある湯質、湯量の多い鳴子温泉郷及びスキー場はじめ、全日本こけしコンクールで知られる鳴子温泉地区、旧仙台藩の学問所である有備館、大正デモクラシー運動の思想的指導者として名高い吉野作造の記念館、日本最古の産金地である涌谷町小金山神社産金遺跡地にある天平ロマン館、東北一の賑わいをみせる「鹿島台互市」などがあり全国に知られているところです。
 県外からも多くの観光客が季節ごとに訪れ、にぎわっています。
 本支部は、県内では、「古川吾峰会」と称し、会員相互の親睦を図り、文教の興隆に貢献することを目的に約50年の歴史と伝統のある支部です。
 現職会員と退職会員がほぼ同等で組織し、会の運営は、これまで総会参加時の参加費及び賛助金のみで活動を推進してきています。
 事業としては、会員の親睦、交流のために、総会ならびに研修会、母校の視察とその周辺の施設設備の見学、名簿の発刊を行っています。
 総会時に行う研修は、現職会員の研究発表を行い、充実した研修会となるように努力しています。
 母校視察は、浜田町の学芸学部跡地、金谷川の教育学部の校舎や寮の建物を見学し、学生当時の思い出に浸りました。
 役員としての会長は、退職間近の会員が総会ごとに交代していましたが、最近は、退職会員のなかで10年ほどの任期を全うしています。
 幹事については、地区、年齢層を考慮して選出し、総会への参加者数の減少に歯止めをかけようと努力しています。しかし、総会開催にあたっては、常に参加人数の確保が大きな課題となっているところです。

各支部の状況


前のページへ戻る

Get Adobe Flash Player Get Adobe Reader

このホームページを閲覧するためには、Adobe Flash Player と Adobe Reader が必要です。
左のバナーをクリックし、Adobe社のホームページよりダウンロードしてください。