福島大学人間発達文化学類 同窓吾峰会

※動画が再生しない場合は、InternetExplorer最新版でお試しください。
女声合唱・ヴァイオリン・ピアノのためのヴィヴァルディが見た日本の四季 から
ウエストハーモニー
 指 揮    村上 恭子
 ピアノ    折笠さゆり
 ヴァイオリン 田中 洋子

《春》 花
  (作詩 武島羽衣 作曲 滝廉太郎 編曲 信長貴富)
《夏) 城ヶ島の雨
  (作詩 北原白秋 作曲 梁田 貞 編曲 信長貴富)
《秋》 村祭り
  (文部省唱歌 編曲 信長貴富)
《冬》 ペチカ
  (作詩 北原白秋 作曲 山田耕作 編曲 信長貴富)

福島大学学生歌 「今日の世紀に」
作詞 浅野  孔
作曲 甲斐山義弘

1 今日の世紀に 生きる喜びに
  憎しみも忘れ 悩みもつきぬけ
  緑なす自由の園に
  今こそ歌おう 青春の歌を
  我らは人間 我らは学生
  愛と真理に 強く生きよう

2 明日の平和を 願う鐘の音に
  新たな務めと 希望とを聞き
  果てしない青空のもとに
  今こそ歌おう 我らの歌を
  我らは人間 我らは学生
  愛と真理に 強く生きよう

福島県師範学校 校歌
作詞 佐々木信綱
作曲 山田 耕作

一 吾妻の山は雲にそびゆ
  理想の高嶺を踏み越えゆくと
  質実剛健心に占めて
  我らは進まむ進まむ共に

二 阿武隈川は流清し
  吾等の天職 尊とし聖し
  窮行実践 精神を磨き
  わが身を鍛えて日に日に努む

三 皇國の光 国の命
  吾等が教育の力にかかる
  皇國の安危を担へる吾等
  虔しみ進まむまことの道を

福島県女子師範学校 校歌
作詞 相馬 御風
作曲 信時  潔

一 さやけきあしたの みそらに高く
  よろづ代ゆるがぬ 泰らかさもて
  雄々しく聳ゆる 吾妻の高嶺
  ああその気高さ 心にもちて
  いざいざわれらぞ 世にたちゆかむ

二 すがしき緑の ひろ野を縫ひて
  行方は遥けき 阿武隈川の
  洋々流るる ゆたけき姿
  ああそのゆたけさ 心にもちて
  いざいざわれらぞ 希望に生きむ

三 耕し培い 養ふ如く
  大地に根ざせる 愛をもちて
  未来の国民 はぐくみ育て
  輝く理想の 道一筋に
  いざいざわれらぞ 進みてゆかむ

学生時代
作詞・作曲  平岡 精二
郡山男声合唱団ドンカラック
指 揮    村上 恭子
ピアノ    折笠さゆり
ヴァイオリン 田中 洋子

一 つたの絡まるチャペルで 祈りを捧げた日
  夢多かりしあの頃の 想い出をたどれば
  懐かしい友の顔が 一人一人うかぶ
  重いカバンを抱えて 通ったあの道
  秋の日の図書館の ノートとインクの匂い
  枯葉の散る窓辺 学生時代

二 讃美歌を歌いながら 清い死を夢みた
  何のよそおいもせずに 口数も少なく
  胸の中に秘めていた 恋への憧れは
  いつもはかなく破れて 一人書いた日記
  本棚に目をやれば あの頃読んだ小説
  過ぎし日よわたしの 学生時代

三 ロウソクの灯に輝く 十字架をみつめて
  白い指をくみながら うつむいていた友
  その美しい横顔 姉のように慕い
  いつまでもかわらずにと 願った幸せ
  テニスコート キャンプファイヤー
  懐かしい日々は帰らず
  すばらしいあの頃 学生時代 すばらしいあの頃 学生時代

Get Adobe Flash Player Get Adobe Reader

このホームページを閲覧するためには、Adobe Flash Player と Adobe Reader が必要です。
左のバナーをクリックし、Adobe社のホームページよりダウンロードしてください。