福島大学人間発達文化学類 同窓吾峰会

吾峰会会則

福島大学人間発達文化学類同窓吾峰会 会則及び諸規程

1 会 則
(名称及び事務所)
第1条 本会は福島大学人間発達文化学類同窓吾峰会と称し、事務所を福島大学内に置く。
(目 的)
第2条 本会は会員相互の親睦を図り、あわせて文教の興隆に貢献することを目的とする。
(会 員)
第3条 本会は福島大学人間発達文化学類及び福島大学大学院人間発達文化研究科並びに前身の福島師範学校、福島青年師範学校、福島大学学芸学部、福島大学教育学部、福島大学大学院教育学研究科の卒業生をもって会員とし、人間発達文化学類及び大学院在学生を準会員とする。
(事 業)
第4条  本会はその目的を達成するために次の事業を行う。
1 会員の親睦  2 会報の発行    3 会員名簿の刊行
4 慶弔の給付  5 会員の研究助成  6 母校の援助
(支 部)
第5条 本会は県下各都市と県外各所に支部を置く。支部の規約は支部において定める。
(役 員)
第6条 本会に次の役員を置く。
会 長  1名          副会長   3名
監 事  2名          評議員  若干名
理 事 若干名(常任理事を含む) 幹 事  若干名
(役員の選出)
第7条 会長、副会長及び監事は、評議員会で会員の中から選出する。
2 評議員は各支部から2名選出し、内1名は支部長が兼ねることができる。
3 理事は評議員会の承認を得て、会長が委嘱する。
4 常任理事は、理事の中から会長が委嘱する。
5 幹事は会長が委嘱する。
6 役員の任期は2年とし、再任を妨げない。
ただし、各役員の補欠任期は前任者の残任期間とする。
(役員の任務) 第8条 会長は本会を代表し、会務を総理する。
2 副会長は会長を補佐し、会長事故あるときはその職務を代行する。
3 監事は会計を監査する。
4 評議員は重要事項の審議に当たる。
5 理事は会務の執行に当たる。
6 常任理事は理事会から委嘱された事項を審議する。
7 幹事は会長の命を受けて、会務に従事する。
(顧問及び相談役)
第9条 本会は評議員会の承認を得て、顧問及び相談役を推挙することができる。顧問及び相談役は本会の重要事項に関し、会長の諮問に応ずる。
(客 員)
第10条 本会は母校に在職した恩師及び母校職員を客員に推挙することができる。
(会 議) 第11条 本会の会議は、評議員会、大会、理事会及び常任理事会とする。
2 評議員会は会長が招集し、会則の改廃、事業計画、予算、決算、役員の選出及びその他重要事項の審議に当たる。
3 大会は毎年1回開き、親睦を深めるとともに必要な事業を行う。
4 理事会及び常任理事会は会長が招集し、会務の執行について協議し処理する。
5 必要によって、会長は支部長会を開くことができる。
(事務局)
第12条  本会に事務局を置き会務を運営する。
2 事務局の職員及びその職務等に関する事項は、別に定める。
(会 計)
第13条  本会の会計は、入会金・終身会費及び寄附等をもってこれに充てる。
2 本会の会計は、一般会計と特別会計とし、一般会計は年間経常経費、特別会計は積立金等とする。
3 本会の入会金は、10,000円とする。
4 本会の会費は、20,000円とし、終身会費とする。
5 本会の会計年度は、毎年4月1日に始まり、3月31日に終わる。
(帳 簿)
第14条 本会に次の帳簿を備える。
1 会員名簿    2 会議録    3 会計簿
4 資産台帳    5 その他
(会則の変更)
第15条  この会則の変更は、評議員会の決議によるものとする。
(規程及び細則)
第16条 本会の運営に必要な規程及び細則は、理事会において定め、
    評議員会に報告する。
第17条 この会則は昭和24年11月3日から施行する。
附則
1 昭和33年 7月12日改正 2 昭和36年 6月27日改正
3 昭和41年 7月14日改正 4 昭和48年11月24日改正
5 昭和49年 9月 7日改正 6 昭和52年 6月16日改正
7 昭和57年 6月29日改正 8 昭和58年 5月 7日改正
9 昭和59年12月 8日改正  昭和60年4月 1日施行
10 平成 4年 5月21日改正 11 平成 5年 5月20日改正
12 平成16年 5月19日改正  平成17年 4月 1日施行
13 平成17年 5月17日改正・施行
14 平成21年 5月16日改正  平成22年 4月 1日施行

グラウンド

研究奨励事業研究募集要綱

1 趣旨
会則第4条5項の規程により、吾峰会員の研究を奨励し助成するため、会員より研究物、学術論文等を公募し、すぐれた研究を表彰する。
2 応募資格
応募資格は吾峰会員とする。ただし、団体研究の場合は、応募責任者が吾峰会員であること。
3 研究の対象
研究の対象は次の分野とする。
(1)学校教育・社会教育等に関する学術的・専門的・実践的研究
(2)その他の分野における学術的・専門的・実践的研究
4 入賞件数
原則としてすぐれた研究を最優秀賞、それに準ずる研究を優秀賞とし、副賞を贈る。
(1)最優秀賞 1件  (個人または団体) 副賞10万円
(2)優秀賞  若干件 (個人または団体) 1件につき副賞3万円
5 応募の手続き
応募の手続きについては別に定める細則による。
6 入賞候補の選考
入賞候補の選考は、福島大学人間発達文化学類長に依頼して行う。
7 入賞の決定
人間発達文化学類長の選考に基づき、会長が入賞を決定する。
8 表彰式
最優秀賞受賞者を対象とした表彰式を開催する。
9 研究成果の発表
入賞者はその研究の成果を、会報「吾峰」及び「福島大学総合教育研究センター紀要」に掲載するなどして、一般に周知する。
附 則   昭和55年 6月23日制定
      昭和63年 5月23日改定
      平成 2年10月 2日改定
      平成 8年 2月22日改定
      平成16年11月22日改正  平成17年4月1日施行
      平成21年 5月16日改定
      平成29年 5月13日改正  平成30年4月1日施行

研究奨励事業研究募集要綱細則

1 研究物・学術論文等の内容、体裁、形態等
(1)研究内容
① 研究の計画段階のものでなく、ある程度まとまったもので、かつ研究内容が一定レベル以上のものであること。
② オリジナルなものであること。ただし、次のものは除く。
ア 国または県レベルの行政機関や団体等の研究指定により、奨励金、助成金、補助金等を受けた年度から2年以内のもの。
イ 国または県レベルの行政機関・団体及び本会研究の受賞後2年以内のもの。さらに、受賞研究からの積み重ねが明確でないもの。
(2)体裁・形態等
① 体裁は自由とするが、研究の動機または目的、方法、結果、考察または結論、参考及び引用文献等を明らかにすること。なお、論文は資料を参照しなくとも研究の概要が理解できるようにすること。また、添付資料は厳選し、必要最少限にとどめること。
② 形態は、出版物、原稿などいずれでもよい。
2 応募の手続き
(1)研究奨励事業に応募する者は、支部事務局または本部事務局から応募票(ひな型をコピーしたものでよい)を受け取るか、吾峰会ホームページよりダウンロードし、必要事項を記入のうえ、研究物に応募票を添付して提出すること。応募票には応募者氏名、研究題目などの他に、次の項目について必ず記入すること。
① 現在までの研究概要
② この研究の将来展望
③ この研究が学校教育、社会教育等に対して果たす役割。ただし、教育実践研究の場合は不要である。
(2)①支部組織に所属している会員は、応募票及び研究物を9月20日迄に支部事務局に提出すること。各支部は、会員から提出された応募票及び研究物を取りまとめ、9月30日迄に吾峰会事務局に送付すること。
② 支部組織の無い地域に在住する会員は、直接9月30日迄に吾峰会事務局に送付すること。
(3)上記(2)の日時が土曜日または日曜日に当たる場合は、翌週の月曜日を締切日とする。
3 選考、表彰式、返却、その他
(1)入賞候補選考は10月初旬に人間発達文化学類長に依頼し、その結果を12月下旬に受領する。
(2)最優秀受賞者を対象とした研究奨励事業表彰式を吾峰会事務所において1月下旬に開催する。
(3)応募研究物は表彰式後に返却する。
(4)不明の点については吾峰会事務局に問い合わせること。
附 則   平成23年7月9日改定
      平成29年5月13日改定  平成30年4月1日施行
Get Adobe Flash Player Get Adobe Reader

このホームページを閲覧するためには、Adobe Flash Player と Adobe Reader が必要です。
左のバナーをクリックし、Adobe社のホームページよりダウンロードしてください。